×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

接近放送:名城・名港線

名城線左回り系統と名港線名古屋港方面行き(下り)ホームは女声、名港線金山方面行きと名城線右回り系統(上り)ホームは男声の接近放送が流れます。
冒頭には、路線・方面ごとに異なるメロディサイン(接近メロディ)が流れます。名城線左回り系統は「ランディング」、右回り系統は「サークル・ポイント」、名港線名古屋港方面行きは「ハッピータイム」、金山方面行きは「海」という曲です。このメロディは名古屋市在住で名古屋市立大学芸術工学部の水野みか子助教授が制作したもので、2007年3月19日からこれらの曲になりました。沿線の特徴をとらえて作曲されているそうです。
なお、2007年3月18日までは、今とは別の曲がメロディサインとして使われていました。これは、2005年10月6日に名城線環状化1周年記念として、他の路線よりも先行して試験的に導入されたものです。これらの曲は、JR東日本で発車メロディとして使われているものです。表の(※JR発車メロ)というところをクリックしてみてください。(「すすきの高原」は新宿駅中央線8番線で、「あざみ野」は鎌倉駅横須賀線1番線で、「twilight」は新宿駅山手線13番線で、「光と風と」は我孫子駅常磐線6番線で収録したものです。)
さらに、2005年10月5日までは、メロディの代わりに「ピンポン」というオーソドックスな二点チャイムが鳴っていました。このチャイムも、方面ごとに異なる音程のものが使い分けられていました。
以上を、下の表にまとめてみます。

  方面 アナウンス
の声
チャイム
(〜2005.10.5)
旧メロディサイン
(〜2007.3.18)
新メロディサイン
(2007.3.19〜)


左回り系統(下り)
(名港線直通列車を含む)
女声 低い「ピンポン」 「すすきの高原」
(※JR発車メロ)
「ランディング」
右回り系統(上り) 男声 高い「ピンポン」 「あざみ野」
(※JR発車メロ)
「サークル・ポイント」


名古屋港方面(下り)
(名古屋港駅1番線を含む)
女声 低い「ピンポン」 「twilight」
(※JR発車メロ)
「ハッピータイム」
金山方面(上り)
(金山駅3番線を含む)
男声 高い「ピンポン」 「光と風と」
(※JR発車メロ)
「海」

名城線は環状になっているうえ、名港線とも直通しているため運行形態が複雑です。そのため、「右回り」・「左回り」のほか「名古屋港行き」、「金山行き」、「大曽根行き」、「ナゴヤドーム前矢田行き」などさまざまな行先があり、多種多様なアナウンスが用意されています。なお、早朝と深夜は、名港線は線内折り返し運転となるため、名城線左回りの接近放送に「名古屋港方面は金山でお乗り換えください」という案内が加わります。また、対面式ホームの駅では、冒頭の「○番ホームに」が省略されています。
ちなみに、環状運転を続けていた電車が名古屋港行きになったり途中の駅止まりになったりする場合は、途中から行先が変わることになります。このような場合、行先が変わる駅は決まっています(例えば名城線左回りが名古屋港行きに変わるのは必ず新瑞橋駅)。

というわけで、前置きが長くなりましたが、以下が実際のアナウンスです。

  左回り/金山→名港方面(女声) 右回り/名港→金山方面(男声)
名古屋港
Nagoyako
1番ホーム旧接近放送(名城線右回り)

「♪(twilight)1番ホームに、金山方面、名城線右回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

旧メロディサイン時代の放送です。
金山方面でも、ここだけは女声になっています。スピーカーの音質はあまり良くないです。

1番ホーム旧接近放送(当駅止)

「♪(twilight)1番ホームに、電車がまいります。この電車は、車庫に入ります。ご乗車できませんから、ご注意ください。」

名古屋港到着後、回送として入庫する列車の接近放送です。旧メロディサイン時代のものです。
こちらの音声データはRyoさんの提供です。ありがとうございます。

2番ホーム旧接近放送(大曽根行き)

「♪(光と風と)2番ホームに、金山方面、大曽根行きがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

旧メロディサイン時代の放送です。
設備が古いためか、こちらもスピーカーの音質はあまり良くないです。

1番ホーム接近放送(名城線右回り)

「♪(ハッピータイム)1番ホームに、金山方面、名城線右回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

金山方面でも、ここだけは女声になっています。

2番ホーム接近放送(名城線右回り)

「♪(海)2番ホームに、金山方面、名城線右回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

金山(名港線)
Kanayana
(Meiko Line)
2番ホーム旧旧接近放送

「♪2番ホームに、東海通方面、名古屋港行きがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

メロディサイン導入以前の放送です。向かい側のホームから録音したものなので、音量が小さくなっていますがご了承ください。

3番ホーム旧旧接近放送(名城線右回り)

「♪3番ホームに、栄方面、名城線右回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

メロディサイン導入以前の放送です。

2番ホーム旧接近放送

「♪(twilight)2番ホームに、東海通方面、名古屋港行きがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

旧メロディサイン時代の放送です。アナウンスの内容は変わっていません。

3番ホーム旧接近放送(名城線大曽根行き)

「♪(光と風と)3番ホームに、栄方面、大曽根行きがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

旧メロディサイン時代の放送です。アナウンスの内容は変わっていません。

3番ホーム旧接近放送(当駅止)

「♪(光と風と)3番ホームに、電車がまいります。この電車は、車庫に入ります。ご乗車できませんから、ご注意ください。」

金山が終点の列車の接近放送です。旧メロディサイン時代のものです。

2番ホーム接近放送

「♪(ハッピータイム)2番ホームに、東海通方面、名古屋港行きがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

3番ホーム接近放送(名城線右回り)

「♪(海)3番ホームに、栄方面、名城線右回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

金山(名城線)
Kanayana
(Meijo Line)
1番ホーム旧接近放送

「♪(すすきの高原)1番ホームに、新瑞橋方面、名城線左回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

旧メロディサイン時代の放送です。

4番ホーム旧接近放送

「♪(あざみ野)4番ホームに、栄方面、名城線右回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

旧メロディサイン時代の放送です。

1番ホーム接近放送

「♪(ランディング)1番ホームに、新瑞橋方面、名城線左回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

4番ホーム接近放送(右回り)

「♪(サークル・ポイント)4番ホームに、栄方面、名城線右回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

4番ホーム接近放送(大曽根行き)

「♪(サークル・ポイント)4番ホームに、栄方面、大曽根行きがまいります。白線の内側で、お待ちください。」


Sakae
3番ホーム旧接近放送

「♪(すすきの高原)白線の内側で、お待ちください。金山方面、名城線左回りがまいります。名古屋港方面は、金山で、お乗り換えください。」

旧メロディサイン時代の放送です。
ここのホームは、「白線の内側で…」を先に言うのが特徴です。
これは、駅間の距離の関係で、放送が流れ始めてから列車が到着するまでの時間が短いためです。メロディサイン導入と同時にこうなりました。
なお、早朝に収録したため、名港線は金山連絡という旨の案内が入っています。

4番ホーム旧接近放送

「♪(あざみ野)白線の内側で、お待ちください。大曽根方面、名城線右回りがまいります。」

旧メロディサイン時代の放送です。
こちらのホームも「白線の内側で…」を先に言っています。

3番ホーム接近放送

「♪(ランディング)白線の内側で、お待ちください。金山方面、名城線左回りがまいります。名古屋港方面は、金山で、お乗り換えください。」

「白線の内側で…」を先に言うのは変わっていません。
なお、早朝に収録したため、名港線は金山連絡という旨の案内が入っています。

4番ホーム接近放送

「♪(サークル・ポイント)白線の内側で、お待ちください。大曽根方面、名城線右回りがまいります。」

「白線の内側で…」を先に言うのは変わっていません。

久屋大通
Hisaya-odori
1番ホーム旧接近放送(左回り)

「♪(すすきの高原)白線の内側で、お待ちください。栄方面、名城線左回りがまいります。」

1番ホーム旧接近放送(名古屋港行き)

「♪(すすきの高原)白線の内側で、お待ちください。栄方面、名古屋港行きがまいります。」

旧メロディサイン時代の放送です。
栄駅と同様の理由で、「白線の内側で…」を先に言っています。

2番ホーム旧接近放送

「♪(あざみ野)白線の内側で、お待ちください。大曽根方面、名城線右回りがまいります。」

旧メロディサイン時代の放送です。
栄駅と同様の理由で、「白線の内側で…」を先に言っています。

市役所
Shiyakusho
1番ホーム旧接近放送

「♪(すすきの高原)1番ホームに、栄方面、名城線左回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。名古屋港方面は、金山で、お乗り換えください。」

旧メロディサイン時代の放送です。
早朝に収録したため、名港線は金山連絡という旨の案内が入っています。

2番ホーム旧接近放送

「♪(あざみ野)2番ホームに、大曽根方面、名城線右回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

旧メロディサイン時代の放送です。

大曽根
Ozone
1番ホーム旧接近放送

「♪(すすきの高原)1番ホームに、栄方面、名城線左回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

旧メロディサイン時代の放送です。

2番ホーム旧接近放送(右回り)

「♪(あざみ野)2番ホームに、本山方面、名城線右回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

旧メロディサイン時代の放送です。

2番ホーム旧接近放送(当駅止)

「♪(あざみ野)2番ホームに、電車がまいります。この電車は、車庫に入ります。ご乗車できませんから、ご注意ください。」

大曽根が終点の列車の接近放送です。旧メロディサイン時代のものです。

ナゴヤドーム前矢田
Nagoya Dome-mae Yada
1番ホーム旧接近放送(左回り)

「♪(すすきの高原)1番ホームに、栄方面、名城線左回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。名古屋港方面は、金山で、お乗り換えください。」

旧メロディサイン時代の放送です。
通常、名港線直通列車は大曽根からしか出ていないので、金山で乗り換える旨の案内が入っています。
ナゴヤドームで試合やイベントがあるときは、名港線から来る大曽根折返しの列車は全てナゴヤドーム前矢田折返しに変更になりますが、その場合にもこの案内は流れるようです。

2番ホーム旧接近放送(右回り)

「♪(あざみ野)2番ホームに、本山方面、名城線右回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

旧メロディサイン時代の放送です。

1番ホーム旧接近放送(当駅止)

「♪(すすきの高原)1番ホームに、電車がまいります。この電車は、車庫に入ります。ご乗車できませんから、ご注意ください。」

ナゴヤドーム前矢田が終点の列車の接近放送です。旧メロディサイン時代のものです。

2番ホーム旧接近放送(大曽根行き)

「♪(あざみ野)2番ホームに、本山方面、大曽根行きがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

旧メロディサイン時代の放送です。
右回りの大曽根行き、つまりここから名城線をぐるりと一周して大曽根へ向かう列車のこと。ちょっと紛らわしいです。

自由ヶ丘
Jiyugaoka
1番ホーム旧旧接近放送

「♪大曽根方面、名城線左回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

メロディサイン導入以前の放送です。

2番ホーム旧接近放送

「♪(あざみ野)本山方面、名城線右回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

旧メロディサイン時代の放送です。

1番ホーム旧接近放送

「♪(すすきの高原)大曽根方面、名城線左回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

旧メロディサイン時代の放送です。アナウンスの内容は変わっていません。

名古屋大学
Nagoya Daigaku
1番ホーム旧旧接近放送

「♪1番ホームに、本山方面、名城線左回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

メロディサイン導入以前の放送です。

2番ホーム旧旧接近放送

「♪2番ホームに、八事方面、名城線右回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

メロディサイン導入以前の放送です。

1番ホーム旧接近放送

「♪(すすきの高原)1番ホームに、本山方面、名城線左回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

旧メロディサイン時代の放送です。アナウンスの内容は変わっていません。

2番ホーム旧接近放送

「♪(あざみ野)2番ホームに、八事方面、名城線右回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

旧メロディサイン時代の放送です。アナウンスの内容は変わっていません。

新瑞橋
Aratama-bashi
1番ホーム旧接近放送

「♪(すすきの高原)1番ホームに、八事方面、名城線左回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

旧メロディサイン時代の放送です。

2番ホーム旧接近放送

「♪(あざみ野)2番ホームに、金山方面、名城線右回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

旧メロディサイン時代の放送です。
低音が響いていて、個人的に一番良く聞こえる駅だと思います。

堀田
Horita
1番ホーム旧旧接近放送

「♪1番ホームに、新瑞橋方面、名城線左回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

メロディサイン導入以前の放送です。たまたま持ち合わせていた携帯で録音したので、音質が悪くなっていますがご了承ください。

2番ホーム旧接近放送

「♪(あざみ野)2番ホームに、金山方面、名城線右回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

旧メロディサイン時代の放送です。
こちらもスピーカーの音質は悪く、ひどい音割れです。

1番ホーム旧接近放送

「♪(すすきの高原)1番ホームに、新瑞橋方面、名城線左回りがまいります。白線の内側で、お待ちください。」

旧メロディサイン時代の放送です。アナウンスの内容は変わっていません。
スピーカーの音質がかなり悪く、音割れしまくっています。


TOPページ>接近放送>名城・名港線